韓国カラコン安全通販サイト

カラコンが危険で安全でないのは常識の範疇

  • カラコン=危険
  • カラコン=安全じゃない

まあ意味は一緒ですが、これに異論反論はないでしょう。

 

でも可愛く見られたいからカラコンは着けたい。
それならどうにかより安全に着けれるようにすればいいんじゃない?

韓国カラコンと日本カラコンの違いを解説

本の一部のカラコンは日本で製造されています。でもかなり少ないです。
ほとんどは韓国か台湾で製造されているんです。

 

製造販売元が日本で会社であっても、製造は海外ということもよくあります。

 

日本カラコン≠日本で製造カラコン

 

日本カラコンといっても、日本で製造されているわけではなく、海外(韓国や台湾など)で製造されて日本で販売されているカラコンの場合もあります。

 

ただ、一つ大きな違いがあるとすると、日本の厚生労働省で認可されているかどうかという違いがあります。

  • 日本の通販サイトで買えるカラコン
  • 個人輸入代行サイトで買える韓国カラコン

この違いは、日本のサイトで買えるのは、医療機器承認番号というのを取得しており、安心感があります。
韓国カラコンにはこういう番号は振られていませんが、韓国で承認されているものもあります。

 

韓国カラコンだから危険だと主張するのは、この承認の点で違いがあるからでしょう。
では、その承認の基準だったり、具体的に韓国カラコンとの違いを説明できるのでしょうか?
恐らくイメージでそう言ってるだけの人もいるでしょう。

 

私の中では、日本のカラコンだろうと、韓国カラコンだろうと危険なのは変わりない。
ただ、韓国カラコンなどの輸入カラコンには粗悪品もあるだろうと思っています。
だからこそ、どこのブランドのを買うかよく考えているんです。

 

あとは、使い方にもよるでしょうね。

安全だなと思う韓国カラコンはどれ?

絶対に安全なんてないですし、これは感覚でそう思うとしかいいようがないんですが、人気があって、みんながおすすめしてる韓国カラコンはこういうのだなってのはいくつかあります。

  1. ラブコン
  2. みんカラ
  3. ジーニー

この3ブランドは特によくみかけますよね。

韓国カラコンが安全だと思わずに現実を認める

韓国カラコンに限らず、コンタクトレンズにはどういう危険があるのでしょうか
最悪の場合は失明と言われていますが、実際に失明してしまった人の話しは聞いたことがありません。
私は医師ではありませんので、詳しい情報を知らないだけかもしれませんので、もしかしたらそういう人もいるのかもしれません。
私が最も恐れているのは、やはり目の病気です。
その前段階として、充血したり痛みがあったり、ゴロゴロして不快感があるということでしょう。
それが継続されていくと、より深刻な事態に発展していくことは容易に想像できます。
韓国カラコンについて、その危険性を啓発するとともに、危険な行為をしないようにというコメントは見かけますが、もっと個人が意識を持つことが大事ではないでしょうか。