韓国カラコン「フチあり」「フチなし」のそれぞれの特徴

韓国カラコンのサイズはフチを含めて考えましょう

カラコン選びはみんなそれぞれ違うでしょう。
ブランドで選んだり、デザインのタイプ、ハーフ系とかナチュラル系とか、そういうので選んだり。
私がカラコンを選ぶ一つのポイントが「フチあり」か「フチなし」かってことです。
簡単にそれぞれの特徴をまとめてみます。

フチありカラコンの特徴

  • 黒目が強調される
  • きつい表情に見られることもある
  • カラコンだとばれる
  • デカ目効果が欲しい

フチなしカラコンの特徴

  • 柔らかい印象になる
  • フチがぼやけてるとさらに自然
  • 仕事や学校でつけやすい
  • ばれないカラコンならフチなし
  • 小さくてフチなしだと全然変わらないことも

「フチあり」と「フチなし」を使い分けたい韓国カラコン

もし、どういう場面でカラコンを付けたいかが決まってるなら、フチがあるかないかで探してみるのもいいと思います。
総合的にみて、フチありはデカ目で盛れるタイプ、フチなしは自然に馴染むナチュラル系に多く存在します。
男性ウケが良いのはフチなしの柔らかいほうかもしれませんが、結局は好みですから何とも言えません。
また、地味で落ち着いた大人のファッションが好きなのに、カラコンだけフチありで派手なのを付けるのは違和感を感じます。
逆の場合はそうは感じませんけどね。

 

フチありと一言でいっても、その太さは様々です。細いフチならクリっとさせる程度でしょうけど、これが太くなってくると、さらに瞳が強調されます。
フチがあると瞳が浮き上がる感じもします。
一応フチありとも言えるサークルレンズ、サークルリングというタイプもあります。
中心の着色部分は少しだけあるものもありますが、基本、外側のフチがかなり太いタイプです。
お人形みたいになれるんです。

 

韓国カラコンを選ぶときは、「フチあり」か「フチなし」かはちゃんとチェックして買いましょうね。

韓国カラコンならみんカラにもフチあり多いです

人気のフチありとフチなしを紹介しておきます。

 

今まで当ブログでレポしてきた中で、分かりやすいシリーズを紹介しておきます。
フチなしからです。
まずはネオサイトワンデーシエルです。
フチなしですが、ないだけなく、フチがドットデザインになっているのが特徴です。
人の瞳のフチはぼんやりしていますよね。個人差はあると思いますけどフチがくっきりしてる人は見たことがありません。
ですので、フチがないうえ、ぼんやりさせることでさらにナチュラルに見えるということです。
次のアイラボワンデーも同様に、フチなしドットデザインです。ブラウンもブラックも自然に馴染みます。
そしてピエナージュガーリーもフチが自然ですね。
こうみていくと、やはりフチなしは直径が小さめのが多いです。

 

大きめサイズでいくとみんカラクイーン11ブラウンは細いフチでくっきり眼が引き立ちます。立体感がでるのはグラデの影響でしょう。
みんカラビューティーもシリーズによってフチがありますし、直径大きいのでかなりデカ目効果を体感できると思います。

 

あくまでデザインとして一部分についてのお話ですが、こういう見方をしていくのも楽しいと思います。
私のおすすめとしては、ナチュラル系ならフチはなしでドットになってるタイプ、デカ目効果を発揮したいなら、レンズが大きくてフチがくっきりしてるタイプかな。

 

はっきり分かりませんが、みんカラカラコンキングダム16もフチがありだったと思います。まだ発売前のことなんで、手元にないこともあり、はっきりしたことは言えませんが、韓国カラコンで16mmといえばこれは知っておいて損はないと思いますよ。