カラコン韓国サイズ

カラコンのサイズのバリエーション

カラコンのサイズはというと、DIA(レンズ直径)なら主に14.0mmとか14.2mmがあります。
ただ、これは日本の通販サイトで販売されているものであり、韓国カラコンとなると異なります。
14.0mmは、日本人の平均的な黒目の大きさよりも一回り大きいぐらいのサイズです。デカ目効果はあまりない感じです。黒目がもともと大きい人は着けるとカラコンの方が小さくなってしまうことがあります。ナチュラルで人が見ても着けていることがあまりわからないくらいなので、仕事や学校のシーンにおすすめです。
14.2mmは、14.0mmよりも若干大きめです。大きすぎず小さすぎず、万人に丁度良いサイズです。プライベートではもちろん、仕事にも目立ちすぎないので、いろんなシーンにおすすめです。
14.5mmは、市場に出回っているファッションレンズの中では大きいサイズです。デカ目効果がとてもあります。クリッとした可愛らしい目になりたい人におすすめです。
15.0は、各メーカーから発売している種類が少なく、購入したい場合は一般店舗よりもネットの方が見つかりやすいです。14.5mmよりも更に大きく、元の目があまり大きくない人には着けると白目の部分がほとんどなくなってしまうことがあります。人形のように大きい目になります。ナチュラル感はなしと言っても過去ではありません。

 

自分がなりたい目やファッションのイメージに合わせることが重要です。ナチュラルで清楚な澄んだ目にしたい場合は14.0mm、自然に大きい目にしたい場合は14.2mm、クリッとした可愛らしい目にしたい場合は14.5mm、とにかく大きく人形のようにとても大きな目にしたい場合は15.0mmを選ぶと良いです。

 

私は目自体は大きいのに黒目が小さく三白眼であることがコンプレックスであり、とにかく大きい目になりたいので、15.0mmを着けています。自然さには欠けますが、淵が淡く色を茶や黒に近いものを選べばさほど不自然ではないので、気に入って使っています。これまで14.0mmや14.2mmも使ってきましたが、元の目自体が大きいので着けても三白眼は快善されませんでした。とにかくデカ目になりたいという人で、元の目が大きめであれば、15.0mmをおすすめします。

韓国カラコンで自分に合うサイズを探す

ひたすら目の大きさを求めるなら、それはそれでいいと思いますが、逆効果になることもありますよ。
気味悪いと思われるくらい大きいのはやめておいたほうがいいでしょうね。
日本のだったら(といっても製造は台湾だったりしますが)、大きくても14.5mmくらいまでなので、それでも小さく感じるなら、韓国カラコンにしてみると、もっと大きいのから探せますよ。

韓国カラコンのサイズ選びは2つの数値を最低限チェック

私がカラコンを選ぶ時、必ずチェックする2つの数値があります。それは、

  • レンズ直径(DIA)
  • 着色直径

です。
実は、以前はレンズ直径のみを比較したりしながら選んでたのですが、最近は「着色直径」も見るようになりました。

韓国カラコンにおける着色直径とは?

カラコンを購入する際、その販売ページなどに、スペックが載っています。
レンズの大きさ、含水率、度数、そして着色直径です。
この中でも着色直径というのは、大きさに比べると見落とされがちかなと思います。
着色直径とは、着色外径とも呼ばれますが、要は、着色されてる部分の大きさのことです。
基本的にはレンズを潰さないで計測された数値が記載されていることが多いですが、ショップ独自の計測の場合などは、潰した状態での数値が載ってることもあります。
では一例を上げてみます。クチュールカラコンの場合はどうでしょうか。

  • レンズ直径14.2mm
  • 着色直径13.5mm

になっていますね。
いくらレンズが大きくても、着色されてる部分が小さいと盛れないかなと思います。
この2つの数値を見るとイメージしやすいですよね。
どのくらいのレンズの大きさで、その中のどれくらいの部分が着色されているかというのも分かります。
ちなみに、同じくGLAMで購入できるJILLピュアドロップの場合は、DIA14.5mmで着色直径14.2mmです。
ということは、それだけふちに余白が少ないということですね。
クチュールがナチュラルに感じるのは、レンズの大きさの影響というのより、着色直径の大きさとデザインの影響なのかなと感じています。韓国カラコンの場合は、このサイズが特に重要になると思われます。その理由は他のページで詳しく解説して参ります。
韓国カラコンのサイズ選びについて